リフォーム

バリアフリーリフォーム

郡山市の助成金を活用してバリアフリー工事!

高齢者が安心して暮らせる住宅を

【介護保険を利用しない場合】
郡山市高齢者にやさとい住まいづくり助成

高齢者が自宅において転倒等により要介護・要支援状態とならないよう。軽易な住宅改修を行う高齢者に改修資金を助成します。
18万円が限度となります。

助成額
(1)本人及び世帯員全員が市民税非課税の場合は、対象経費の10分の9以内の額で、18万円が限度となります。
(2)本人が市民税非課税で世帯員が市民税課税の場合は、対象経費の10分の5以内の額で、10万円が限度となります。(別に定める所得限度額のとおり制限があります。)


【介護保険を活用する場合】
郡山市介護保険サービス

住宅改修(手すりの取り付けや段差の解消など)費の支給
18万円が限度となります。

定められた住宅改修をした場合に、その費用の9割分が支給されます。ただし、一人1軒につき18万円を超えた分は全額自己負担となります。住宅改修の品目、住宅改修の種類は決められており、申請にあたっては必要となる書類があります。
※工事後に申請しても助成されません。必ず事前にご相談下さい。

中古住宅をリフォーム
↓廊下
中古住宅をリフォーム
廊下に手すりを取り付けました。
中古住宅をリフォーム
↓玄関
中古住宅をリフォーム
玄関に手すりを取り付けました。
中古住宅をリフォーム
↓段差
中古住宅をリフォーム
3cmもあった段差を解消しました。

助成金活用リフォーム相談受付中!
お申込み

介護助成

STEP1 ご相談・住宅調査

『家工房 佐藤工業』に、お電話又は、メールでご相談下さい。実際に家屋の構造・間取り・寸法を確認。身体状況や生活動作の状況をヒアリング・確認します。

STEP2 準備

被保険者はケアマネージャー(特定のケアマネージャーがいない場合地域包括支援センター担当者)と連絡をとり、家工房佐藤工業を交え、改修プラン・関係手続き・工事費用の支払い方法等のヒアリングを行います。 支払い方法で代理受領を希望される場合、委任状を書く。 介護助成

STEP3 事前申請

必要な書類
(1)郡山市介護保険居宅介護住宅改修費給付券交付申請書兼事前申請書
(2)住宅改修が必要な理由書(ケアマネージャー又は地域包括支援センター担当者が作成)
(3)改修前の写真(撮影日が入ったもの)
*広範囲の段差解消工事等、写真で分かりにくい場合、図面が必要
(4)見積書(被保険者宛のもの)
(5)住宅所有者の承諾書(住宅所有者が被保険者と異なる場合)
介護助成

STEP4 給付券兼事前申請承諾書発行

給付券兼事前申請承諾書発行が発行されます。

介護助成

STEP5 着工・工事完了・支払い

償還支払いの場合は全額、代理受領の場合は自己負担分を支払う。

STEP6 支給申請

必要な書類
(1)郡山市介護保険居宅介護住宅改修費支給申請書
(2)領収書(被保険者宛てのもの)
(3)改修後の写真(撮影日がはいったもの)
(4)郡山市介護保険居宅介護給付券兼事前申請承認書

STEP7 支給決定

支給決定後、支給申請書に書かれた口座へ振り込まれます。
被保険者宛てに通知が届きます。

家工房 佐藤工業では、郡山市の助成金制度を活用した住宅改修やバリアフリー工事に専門の資格をもったスタッフが対応させていただきます。詳しくお知りになりたい方はまずご相談下さい。

助成金活用リフォーム相談受付中!
お申込み


ページのトップへ戻る