ワンランク上の家 どうして、ワンランク上の家が建てられるのか?
そのために、家工房は、努力しています!


家工房では、大きく分けて、二つの努力を行っています。
ひとつは、会社の『経費を減らす』努力。そして、もうひとつが、スケールメリットを活用して『仕入コストを下げる』努力です。


イメージ
 実は、みなさんの知らないところで、わからないところで、建設原価と関係ない経費が上乗せされているという事実があります。
 大手ハウスメーカーの本社や支社の人件費、入居しているビルの家賃、研究所や工場の経費、テレビCMや住宅雑誌掲載、住宅展示場の建設費・維持費-等の経費はどこで捻出しているのでしょうか?。それは、家を建てた人が支払っているのです。つまり、あなたの家の原価と関係のない所で、あなたの家の価格に販売促進費が上乗せされているのです。 私たち家工房は、お客様への負担を最大限に抑えるため、お金のかかる広告を控え、固定費がかかり過ぎる展示場も持っていません。ですから、同じ予算ならワンランク上の家を提供できるよう企業努力をしているのです。
 家づくりの金額の多くは、建築資材や職人さんの手間賃です。家工房は、常に建築資材や住宅設備など『仕入原価のコストダウン』を進めています。これは、東証一部上場の㈱ナックの協力を得て、全国8000社以上の工務店ネットワークで情報を集め、常に、全国レベルで建築資材の原価を調査した上で、最良の仕入れ価格を決めています。  8000社以上の工務店ネットワークのスケールメリットを活用した共同購入で仕入を下げる努力を行っております。同時に、現場作業での無駄を無くす努力でコストダウンを図っています。 これからも家工房は『コストダウン』を永遠のテーマとして努力を続けて参ります。

ページのトップへ戻る